自宅

自宅

敷地に余裕のある場合は、家賃収入が得られる賃貸併用住宅という選択肢もあります。

詳しくはこちら